デュタステリドとフォリックスを6ヶ月使用した結果

デュタステリド

当サイト管理人は10代から薄毛に悩み、リアップなどの育毛剤を試してみるも納得の効果は得られず、情報収集と試行錯誤を繰り返した結果デュタステリド内服薬とミノキシジル高配合のフォリックスにたどり着きました。

薄毛の悩みはデリケートで精神的に病んでしまう人が多く、私もその一人です。薄毛・ハゲで悩める方に少しでも参考になればと思い今回、デュタステリド、フォリックスを使用した結果を説明したいと思います。

デュプロストとフォリックスfr15を半年間試した結果

デュプロスト・フォリックスfr15使用前の写真とデュプロスト・フォリックスfr15使用後6ヶ月の写真の比較です。比べると使用前はつむじがかなり広がり、頭皮が見えています。頭頂部の髪の毛1本1本が弱々しい感じがします。

対して薬を使用して6ヶ月後の写真は、明らかにつむじ周りの髪の毛の本数が増え、頭皮が見えなくなっていますまた髪の毛1本1本がしっかりしてきた感じもあります。

写真はつむじしかありませんが、M字に関しても産毛が生えてきており、効果を実感しております。

また効果を実感できる期間としては、薬を使用して最初の1,2ヵ月はあまり実感はありませんでしたが、3,4ヵ月経った頃から効果を実感できるようになったので、ある程度の期間は薬を継続する必要があると思いました。

 

デュプロストの商品ページと口コミはこちら

フォリックスFR15の商品ページと口コミはこちら

デュタステリドが効果的な理由

一般的に広く知られているリアップやサクセスなどの育毛剤では、効果を実感できず、デュタステリド内服薬で効果を実感できたのにはしっかりとした根拠があります。リアップなどの育毛剤ではミノキシジル成分を配合しており、それを理由に発毛効果を謳っていますが、それらの製品にはミノキシジルが5%しか配合されていません。気休め程度にしか効果を実感できないと言えるでしょう。

対してデュタステリドはAGAの根本的な原因であるDHTと呼ばれる悪性の男性ホルモンを抑制することでヘアサイクルを正常に整え、発毛を促進します。

 

フォリックスの効果と使い方

フォリックスはミノキシジル成分を含んだ育毛剤で直接頭皮に塗るタイプのミノキシジル製品です。フォリックスはアメリカのSapphire Healthcare LLC社から発売されています。以前はポラリスという有名なミノキシジル製品が同社から発売されていましたが、2017年から同社からポラリスに代わって新しく発売されたのがフォリックスです。日本のメーカーから発売されているリアップなどと大きく違う点はリアップはミノキシジル5%配合に対し、フォリックスは最大ミノキシジル15%配合しています。そのため、フォリックスは効果を実感しやすく日本でも人気があり、オオサカ堂などの購入サイトには多くのレビューや口コミがあります。

フォリックスにはFR2からFR16までシリーズがありますが、おすすめできるのはフォリックスFR15です。FR16は16%ミノキシジルを配合していますが、フィナステリドも含まれており、別で、フィナステリドやデュタステリドの内服薬を服用している方にはおすすめできません。それを除くとFR15が一番多くミノキシジルを配合しており、使用者のレビューも高評価が多いのでフォリックスFR15をおすすめします。
フォリックスFR15の口コミはこちら

使用方法は1日2回気になる箇所に2,3滴ずつ塗った後、頭皮マッサージをするように優しく揉み込みます。私は、つむじとM字の部分に朝と夜、2滴ずつ使用して効果を実感できました。このぐらいのペースで使用すると一本で2ヶ月ほどもつのでおすすめです。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました